にんにく 効果 精力アップ だけにとどまらない

にんにく 効果 精力アップ だけにとどまらない ので紹介します。にんにく の 効能 効果 といえば疲労回復、免疫力アップ、美肌作用、アイチエイジング、風邪予防、がん予防、冷え性改善などさまざまな働きをする成分が含まれています。 元気がない、食欲がないときでもにんにくの香りで食欲が増します。また、にんにく にはビタミンB1 の吸収を高める役割を持っているので、豚肉などビタミンB1 を多く含む食材と一緒に食べるとより疲労回復効果やストレスの解消に役立ちます。生姜焼きには生姜だけでなくにんにくを入れるとより効果的です。

にんにく 効果 運動能力を高める

にんにく 効果 精力アップ だけにとどまらない

にんにく 効果 精力アップ だけにとどまらない

にんにくは、「疲労回復」「美容」「スタミナ補給」など多くの健康効果がうたわれ
ています。古代から疲労回復の特効食品として知られますが、アメリカでは、毎年、人気
サプリのベ BEST 10にランキングされるほどの人気です。

にんにく は、胃腸障害、腹の張り、感染症、呼吸器障害、膚病、傷の治療、老化
防止などに用いられてきました。
古文書によると、紀元前 1600 年ごろのエジプトで、ピラミッド造りの労働者た
ちのスタミナ椎持の「精力剤」として にんにく が配給されていました。

同じころと思われる古代ギリシアの寺院ヤクレタ島の宮殿からも、にんにくが発掘されています。
ギリシアでオリンピックがはじまったころ、選手たちは競技の前に にんにく を食べるようになりました。陸上競技における史上初の「運動能力増強剤」が にんにく ということです。

そし
て医学の父といわれるヒポクラテスは、にんにく を肺や子宮の病気の治療や下剤として利用していました。中世から第二次世界大戦まで、にんにく はケガをした兵士の傷口の手当てに利用されました。スライスした にんにく を傷口に接触させることで、病原体の感染予防に役立てました。

こうしてにんにくは、病気の予防と治療に有効な食物としての地位を世界できました。これまで3000 を超えるにんにく についての論文が発表され、その健康効果が確立されているのも にんにく 効果が確かなものである証拠です。

にんにく の主成分 イオウ化合物 が効く

にんにく の主成分は、グルタミン酸とシステインがドッキングガンマした、γ - グルタミルシステインでしが、これが化学変化して、アリインや Sーアリルシステインとなります。

収穫したばかりの生のニンニクには、γ -グルタミルシステイン 1%、アリイン 1.8 %、そして微量のSーアリルシステインが含まれています。

にんにく が包丁で切り刻まれたり、微生物に感染したり、水分が減少したりといった「ストレスを受けた」後で水に触れると、化学反応がどんどん進みます。

まず、にんにく の細胞内に存在するアリイナーゼという酵素が活動をはじめ、アリインをアリシン(硫化アリル) にすばやく分解します。このアリシンがさらに分解して、ジアリルスルフィド(DAS)、ジアリルジスルフィド(DADS)、メチルアリルスルフィドなどの、100 種類を超える含硫有機物が生成されます。

刻んだ にんにくは独特の、強力なにおいですが、その原因は、アリシンをはじめ多くのイオウを含んだ有機物特有のにおいです。

疲労回復効果

にんにくには疲れをとり、エネルギーを与え、元気にする強壮効果があります。過度の疲労から回復したかったら、まず第一にちゃんとした食事をして、タンパクと質、脂肪、糖類をバランスよく摂ることは当然ですが、加えて、食事の栄養素からエネルギーを取り出すために、ビタミンB群とミネラルも欠かせません。その際にとりわけ大事なのが、ビタミンB1です。

ビタミンB1 を多く含む食品

ビタミンB1 は肉類に多く含まれますが、単独で摂取しても吸収されにくく、しかも分解しやすい弱点もあります。この ビタミンB1 の吸収を促進する物質がある。それが、にんにく です。これは、大量に含まれているアリシンの働きによるものです。

ビタミンB1 のもうひとつの弱点は、水溶性であるため、せっかく体内に吸収されても汗や尿といっしょに排泄されやすいことです。これも にんにくといっしょに摂ることで克服できます。

すなわち、にんにく の特有のくさみの成分であるアリシンが体内でBlと結合して「アリチアミン」という脂溶性のビタミンB1に変わることで、汗や尿といっしょに排泄されるのを防いでくれるのです。

にんにく が疲労回復に役立つのは、ビタミンB1 の吸収・持続のほかに、独特のスパイスで食欲が高まることも相乗効果的に働きます。

もう1つ、最近わかってきたのは、にんにく を食べるとアドレナリンが放出されることです。アドレナリンが放出されると交感神経が興奮し、エネルギー生産を高め、体温が上がります。こうして血液の循環がよくなり、元気が出てくるのです。

にんにく 主成分
主成分
グルタミルシステイン
効能
  • 疲労回復効果
  • 食欲増進
  • 体温上昇
  • 心臓病予防
副作用
  • 胃腸の炎症
  • 胸焼け
  • 吐き気
  • 腹の張り
  • 下痢
  • 皮膚炎
注意
抗血栓剤(ワーファリン)と併用しない

現代人が避けて通ることのできない 「 活性酸素 」を分解

活性酸素を分解する にんにく

活性酸素を分解する にんにく

にんにく が古代から人々に愛用されてきた最大の秘密は、ずば抜けて有能な抗酸化物質としてはたらき、活性酸素を分解することです。活性酸素は酸素の親戚といえるものですが、似て非なるものと言えるでしょう。

出くわしたら最後、相手かまわず化学反応を引き起こす乱暴者です。そして、DNA や、酵素や細胞をつくるタンパク質、脳の神経細胞を包む脂質をボロポロにしてしまいます。これが災いして、がん、心臓病などの生活習慣病や、アルツハイマー病が発生してしまいます。

にんにく はやビタミンC 、 ビタミンE などの抗酸化物質が活性酸素を分解するおかげで、わたしたちは健康と長寿を実現しているのです。

活性酸素はどう発生するのでしょうか。まず、ブドウ糖を酸素で燃やして ATP をつくるミトコンドリアで大量に発生しています。

驚くことに、成人からは年間に約 2 kg 以上の活性酸素が発生しています。そして、免疫系も、人体に侵入してきた病原体を撃退するために活性酸素を利用しています。

感染箇所にかけつけた白血球が病原体を飲み込み、体内にたくわえておいた活性酸素を病原体に浴びせて分解し、病原体を殺します。

それから、肝臓でも、薬や有害物質を分解し排泄するために活性酸素を利用しています。わたしたちが、家庭不和、職場の悩みなどのストレスに遭遇するときにも、活性酸素が発生すします。イライラすると胃炎や胃潰瘍になりますが、これはストレスによって発生した活性酸素が、胃粘膜の細胞を攻撃し、破壊した結果なのです。

以上のことからわかるように、わたしたちの健康を脅かす存在である活性酸素は、生きている限り必ず発生するものなのです。活性酸素のせいで、生体には常時、酸化に向かう一定の力がはたらいているのです。これを「酸化的ストレス」と呼びます。

活性酸素に汚染されている現代人

悪玉コレステロールから守る

この酸化的ストレスに対抗するため、ヒトは長い進化のプロセスで活性酸素を消す巧みなシステムを構築してきまし。それが、活性酸素を効率よく分解するSOD ( スーパー・オキシド・デイスムターゼ) やグルタチオンペルオキシダーゼですが、にんにく はこのシステムを活性化します。

これは細胞レベルの実験ですが、悪玉コレステロールの活性酸素による酸化が にんにく によって妨げられるのです。血栓ができることが心臓病の原因となりますが、血栓形成の引き金を引くのは悪玉コレステロールの活性酸素による酸化です。

つまり、にんにく は心臓病の予防に期待が持てるのです。また、にんにく を摂取することで、活性酸素を除去する SOD やグルタチオンの生産が高まることも確認されています。「万病の素」というべき活性酸素を分解する酵素 SOD やグルタチオンの生産を高めることが、にんにく が 5000 年の長きにわたって人々に愛用されてきた理由もうなづけます。

にんにく 皮膚炎 を起こすこともある

にんにく やにんにくサブリの摂取によっていちばんよく耳にする副作用は、口臭や
体臭です。胃腸の炎症、胸焼け、吐き気、腹の張り、下痢などもよく耳にします。
手術後ににんにくサプリを大量に投与したところ、出血が止まりにくくなった例が
医学論文に報告されています。

ニンニクが皮膚に直接触れると皮膚炎を起こす人もいます。にんにくの皮膚からの吸収作用については本サイトでも紹介させていただきました。

そして、にんにく は、抗血栓剤ワルファリンと併用してはいけません。第一に出血しやすくな
るし、第二に、出血したら止血にそれまで以上の時間がかかる可能性があるからです。
ワルファリンを服用していた人が、その用量も生活習慣も変えずに にんにく サプリ
を摂取したところ、血液凝固に要する時間が延びたという報告もあります。

ニンニク スタミナの増強 | 100種類の サプリメント の 効能 と 効果

 

「にんにく」特有のにおいのもと「アリシン」が免疫機能をアップ、スタミナ増強に働く

にんにくを選ぶ際には、外の皮がしっかりと重なっていて重みがあり、白くふっくらとしたものを選びます。主な栄養素は、ビタミンB1、ビタミンC、食物繊維です。
産地は、青森、香川、徳島などです。

にんにく

にんにく

にんにくの種類

にんにくの芽
にんにくの花茎で、茎にんにくともいう。緑色で長細く、中華食材として炒め物などに使われる。
葉にんにく
にんにくがとれる前の若い茎葉。ねぎに似ており、中国からの輸入品が多い。

効果

  • 体力増強
  • 動脈硬化予防
  • 免疫力増強
  • 疲労回復

栄養と健康

特有の臭いのもとアリシンは強い抗菌作用がある
にんにくの特有のにおいは、硫化アリル類のアリシンによるものです。アリシンは強い抗菌作用を持ち、ビタミンB1と結合するとアリチアミンとなって、ビタミンB1の吸収をアップさせ、スタミナアップに働きます。

にんにくを毎日少量ずつ食べると疲労回復に役立ちます。アリシンにはまた、免疫力増強作用や抗酸化作用があります。病気に負けない体づくり、動脈硬化予防にもおすすめです。

長時間加熱すると、にんにくの効果が減るので、調理は短時間で行うようにします。

もっと詳しく「にんにく」について。

 

皮膚からの吸収作用

にんにくの皮膚からの吸収作用については、あまり知られていないが、にんにくに限らず皮膚の表面の毛孔からは、いろいろなものが毛嚢、脂腺を通って真皮にまで入っていく。

吸収されたものは、毛細血管から全身に運ばれていく。これを経皮吸収という。皮膚の表面は薄い脂肪膜で被われているため、健康な皮膚では、脂溶性のものでなければ吸収されない。

例えば、ビタミンA・D・E、女性ホルモン、そしてタンパク質との親和性が強いにんにく成分というわけである。一般に脂肪分は2分間の摩擦で、約20% の浸透率がある。にんにく成分の経皮吸収の場合は、50% 以上、皮膚の部位によっては、それ以上の浸透率があるといわれている。
いわゆるにんにくの皮膚からの働きについて紹介すると、にんにくの有効成分は皮膚タンパク質との親和性が強く、皮膚からの経皮吸収に優れるとの特性があることか、次のような働きと効用がある。

  1. 血液循環を促進し、皮膚細胞の新陳代謝を活発にする。老廃物を押し出し、排泄作用を促進する。シミ、小ジワ、ニキビ、アレルギー肌、アトピー、ひび、あかぎれ、しもやけ、洗剤荒れ。
  2. 皮膚の角化作用を促進すると同時に、皮膚の細胞交代(ターンオーバー)を順調にする。シミ、小ジワ、ニキビ、アトピー、アレルギー。
  3. シミ、ソバカス、くすみを還元漂白し、美白作用を促す。
  4. メラニン色素をつくる酸化酵素( チロジナーゼ) の働きを不活性化する。紫外線の影響を弱め、日光に対する皮膚の抵抗力を高める。シミ・ソバカスの予防、日焼け予防、日光アレルギー。
  5. 消炎作用を促す。日焼け後の炎症、赤ら顔、皮膚炎、火傷、打ち身、捻挫、虫さされ、耳・鼻・喉などの炎症。
  6. 殺菌・抗菌作用を促す。こキビ、吹き出物、ハタケ、イボ、アトピーの副作用(二次感染)の予防。水虫、痔、切り傷、虫さされ。
  7. 抗駿化作用(活性酸素の働きを抑える)。
  8. ビタミン結合作用。ビタミンと結合し、皮膚に栄養を与え、老化を予防する。小ジワ、タルミ、肌荒れ、サメ肌。
  9. 保湿作用。小ジワ、肌荒れ、乾燥肌、アトピー。
  10. 細胞の自活力を高め、自然治癒力を促す。皮膚機能の向上。

にんにくの皮膚からの効用については、あまり知られていないが、食用のにんにく同様、幅広い働きがあるというのが、にんにく研究家の見解であり、実際の「にんにく化粧品」の愛用者の声でもあるようだ。にんにく成分の皮膚からの働きについての科学的な解明は、今後の研究を待つしかないが、やはり民間療法の中で根強い人気があるにんにく風呂、あるいはにんにく灸、にんにく湿布などは、にんにくの皮膚からの効用を経験的に知っているためであり、その働きを上手に利用したものだろう。

もちろん皮膚かの吸収をさらに高めるためにはにんにくのサプリの利用も効果的。安全でたくさんの量のにんにくが手に入る人なら毎日、食べるようにすればいい効果的。
たくさん食べる場合には、にんにくの安全性についても意識を向ける。

ちなみに、にんにくの成分となっているにんにくエキスは、主婦が手づくりで始めたように、誰でもできる。にんにく美容研究家は自ら、いろんなところでにんにくエキスのつくり方を説いてもいる。
化粧品は五感のうち触覚、喚覚、視覚を刺激する。好感情は脳組織から免疫系に影響を与え、これによって皮膚が活性化し、再び脳にフィードバックされて、生体系に好影響を与える。このメカニズムが解明されれば、体も心も生き生きとさせる効果的手段を見出すことも可能になる」と皮膚にとどまらない化粧品の効用と可能性を指摘している。また、ポーラ化粧品でも「化粧品で美しくメーキャップすると、体の免疫力も高まる」ことを科学的に実証したことから、1995年にイタリアで開催された国際化粧品技術社会連盟の学術大会で最優秀賞を受賞するなど、国際的にも高く評価されているという。『にんにく美容健康法』の中で、若野さんも次のように語っている。「美容と一口でいっても、美容の「容には「内容」と「外用」があります。

外容にばかりこだわり、内容のないものには、本当の美しさは感じられません。内面が充実し、豊かであれば、自然と外面も美しさと輝きが現れるのです」化粧品が精神的な安定、心の豊かさにも役立つことは確かであるが、同時に内面からにじみ出る美や教養、若さがあってこそ、真の健康と長寿が手に入るはず。