成功のテンポイント(4)

「チャレンジすること「失敗すること」を恐れない

ナースログとは、風倒木のことです。ナース(nurse)とは看護婦さんのことですが、語源はラテン語で授乳する、育てる、栄養という意味があります。
ログ(log)はログハウスのログで木という意味ですから、風で倒れた木は栄養の木ということになります。森の中で風になぎ倒され朽ち果てた木を見ますと、一見無駄に思えます。こんなものなければもっと美しい森になるのに… と。
しかし実際この風倒木には、森の中で非常に重要な役割があり、その朽ち果てた木には苔が覆い、腐食した内部ではバクテリアをはじめさまざまな微生物が繁殖します。
また土を豊かにし、小さな虫の棲家になり、それを食べに小動物や鳥も集まります。その動物たちの糞は栄養として蓄えられ、雨が降れば水を蓄えと、実は風倒木は森を看護し、栄養となっているのです。森が生き続けるには(森の生態系には)、絶対に欠かせないものなのです。だからナースログと呼ばれているのです。

もし風倒木が無駄だからといって、片付けてしまったら森は死んでしまうのです。一見無駄のように思えても、それが全体から見ると大変重要なことは、たくさんあります。
それが、たとえ自然であっても、人の人生であってもです。

自分の心のナースログは何か。自分の人生のナースログは何かということを考えてみましょう。

チャレンジをしたからといって、必ず成功するわけではありません。失敗することもあるでしょう。しかしそれは、あなたしか経験できなかった(あなただから経験できた) 貴重な人生のナースログなのです。成功した時に、それがあなたのナースログであったことに気が付くでしょう。失敗を恐れず何にでもチャレンジしてください。人生に無駄はないのですから。

セオリー(2) 無難ではだめ。常に難を買って出る

無難の反対語は何かわかりますか。答えは「有難」です。この有難という言葉に、もう1文字ひらがなを足すと素晴らしい言葉ができあがります。なんでしょう。もう1度考えてみてください。

それは、有難にひらがなの「う」を足して「有難う(ありがとう)」です。「ありがとう」という言葉は、無難ではなく難を買って初めていただける言葉なのです。

私たちは常に無意識の中で「無難に、無難に生きていく」傾向があります。無難にばかり生きていては、人から感謝されることはないでしょう。人のために難を買って出て、初めて人から感謝の言葉をいただけるのです。皆さんにとって仕事とは何でしょうか。

社会においての仕事とは何でしょうか。仕事とは人の役に立つものです。だからこそ社会の中で仕事は存在しているのです。もし人のお役に立てないのであれば、その仕事は社会で生きるすべての人に必要がないものになり存在理由を失ってしまいます。

言い方を変えれば人は皆、自分の生きがいの追求のために生きているわけですから、仕事というものは人々の生きがいの創造や追求のお手伝いということになります。人から感謝されて初めて、仕事は社会で成り立っていけるのです。その感謝こそ「お金」「信頼」「信用」「感謝の言葉」なのではないでしょうか。つまり、仕事は人の生きがいの創造や追求に対して同じ方向を向き、その人ができないことに対し難を買って出て取り組むことではないでしょうか。もしオーナーが無難、無難を選択していたら、そのビジネスは存在理由や存在価値を失うことになります。それは私たち個人においても、社会で生きていくうえで同じではないでしょうか。私たちは難を買って初めて、社会で生き、生かされていくということを常に忘れなでください。難を買って初めて人から感謝されるのです。

セオリー(3) 失敗から学ぶこと

言い訳を考えるくらいなら、1つでもうまくいく可能性のあるアイデアを出した方がましです。言い訳から生まれる建設的な未来は、何もありません。

できない理由を考えるなら、できる方法を考えましょう。ダメかもしれなくても、まずやってみることが大切です。たとえ失敗しても、何かが得られるでしょう。よく聞く言い訳は「時間がないから」です。これはあなたの生きていくうえでの優先順位が間違っているか、優先順位が優柔不断である証拠です。

もしあなたが常にプラス思考で「うまくいったらどうしよう」と、ワクワクしている気持ちがあったなら、言い訳なんか生まれてくるはずがありません。そして心配することもないのです。成功している人が、一番失敗を経験しているのです。失敗を減らしたら成功は遠のいてしまいます。

成功者は、失敗した数だけうまくいく方法を考えただけなのです。つまり失敗も多いけど、うまくいくための方法を考えた数も多いのです。だからこそ成功できたのです。成功するためには、失敗があるのが必然。失敗なくして成功はあり得ません。失敗はナースログ、成功に1歩近づいたということです。失敗の過程もすべてひつくるめて成功ということを覚えておきましょう。

セオリー(4) 自分でアイデアを出そう(自分の頭で考えよう)

あなたにしかできないこと、あなたにしか思い付かないことを追求しましょう。つきつめれば自分を信じ続けられるのは自分しかいないのです。
最後まで自分を信じ続ける勇気を持ちましょう。誰にも真似できない、誰にも先が読めないから面白いのです。その自分の頭で考えるということが、あなたの本当の財産なのです。
自分の頭で考えることを放棄してしまったら、あなたは生かされるだけの存在になってしまいます。一生、人生をヒラで終わってしまうのです。オーナーは、自分を信じ自分で考え続けているのです。人を頼らず考え続ける勇気を失わないことです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です